TOPページ お問い合わせ ABOUT US カートを見る


ホームスクリプトリスト > Auction EX > 設置テスト
 設置テスト - Auction EX

こちらでは Auction EX が、お使いのサーバーに設置ができるかどうか、正常に動作するかどうかを検証する方法をご紹介いたします。
ご注文の前に必ず実施してご確認頂けますよう、よろしくお願い致します。
 
  1. スクリプト本体の動作確認
  2. flock関数の使用可否
  3. GDおよびImageMagickモジュールのインストール状況とバージョン確認
  4. Socketモジュールのインストール状況確認
  5. GDモジュールのインストール(サーバーに最適なGDおよびImageMagickモジュールがインストールされていない場合)
  6. 【補足】GDモジュールがインストールできない場合は

1. スクリプト本体の動作確認
無料配布スクリプト Auction FREE をダウンロードして、実際に正常動作するかどうかを確認して下さい。
このスクリプトが動作する場合、動作に関してはほぼ問題はないと思います。
Auction FREEスクリプトガイドはこちらです。


2. flock関数の使用可否
設置をするサーバーで「flock関数」が使えるかどうかを調べます。
以下のページより検証CGIをダウンロードして、配布サイト様のガイダンスにそってサーバーへ設置して下さい。
設置後にCGIへアクセスして、表示される内容をご確認下さい。

検証用スクリプトのダウンロード
▼ Symlink Checker  (配布元:KENT WEB様)
http://www.kent-web.com/utility/index.html


ご確認いただく内容



flock関数が使用可能であることをご確認下さい。




3. GDおよびImageMagickのインストール状況とバージョン確認
設置をするサーバーにPerlモジュールである「GD」あるいは「ImageMagick」がインストールされているかどうか、またそのバージョンを確認します。
以下のページより検証CGIをダウンロードして、配布サイト様のガイダンスにそってサーバーへ設置して下さい。
設置後にCGIへアクセスして、表示される内容をご確認下さい。

検証用スクリプトのダウンロード
▼ サーバーアナライザー  (配布元:futomi's CGI Cafe様)
http://www.futomi.com/library/servana.html


「インストールされているPerlモジュール」項目を確認します。
※アルファベット順に並んでいます。



「GD」あるいは「Image::Magick」のどちらかがあればOKです。


モジュール名をクリックしてバージョンを確認します。
※モジュール名をクリックすると別ウィンドウで詳細が表示されますので、それぞれバージョンを確認して下さい。

・ImageMagickの場合 (6.0.0以上が必要)


・GDの場合  (2.1以上推奨)


以上、「GD」あいは「ImageMagick」のうち、どちらかが条件を満たしていればOKです。
この場合スクリプトは、設置/設定するだけでサムネイル自動生成機能を使うことができます。


GDとImageMagick、どちらを使用する方が良いでしょうか?
両者を比べてみると、できあがるサムネイル画像のキレイさが違うようです。
ImageMagickの方がキレイに生成できますが、ファイルサイズがGDに比べて大きくなるため、サーバーの容量にも注意が必要です。
生成される画像比較
以下は同じ元画像(321KB)を同比率で縮小生成した画像サンプルです。
 JPEG画像  PNG画像
GD使用 ImageMagick使用
( 3.83KB ) ( 19.8KB )
GD使用 ImageMagick使用
( 6.37KB ) ( 21.1KB )


4. Socketモジュールのインストール状況確認
上記での検証スクリプトを使います。

「インストールされているPerlモジュール」項目を確認します。
※アルファベット順に並んでいます




赤枠の「Socket」があればOKです。




以上で設置テストは終了です。
この他にも必須環境として CRONSSI などがありますので、これらがサポートされているかどうか、サーバー管理者へお問い合わせ下さい。



▼ 以下、モジュールがインストールされていなかった場合にお試し下さい。
5. GDモジュールのインストール
ここではGDモジュールをTelnet(SSH)接続を使用して、サーバーにインストールしてみます。
GDモジュールが正常にインストールされるかどうか、またテストCGIを使って、システムが動作するかどうかを試してみます。
テストファイルのダウンロード
以下のテスト用ファイル一式をダウンロードして下さい。圧縮されていますので、解凍して下さい。
解凍後にできる「READ_ME.txt」ファイルを参考に、インストール/動作テストを行ってください。

auction_ex_test.zip  ( 約792KB )


6. 【補足】GDモジュールがインストールできない場合は
環境によってGDモジュールがインストールできない場合もあります。
この場合、サムネイル画像を自動で生成することはできませんが、手動でアップロードすることによって対応することができます。

サムネイル自動生成システムとは、商品の元画像(PC表示用)をアップロードするだけで、サイズを落としたJPEG画像/PNG画像が同時に生成されます。
1商品につき基本画像は3枚までアップロードできますので、PC表示用の画像を3枚アップロードすれば、合計9枚の画像が自動的にできあがることになります。
逆に手動アップロードであると、9枚を手動でアップロードすることになります。

システム的に見ても、やはり自動生成である方が、ユーザー様には親切に思えると思います。
どうしても手動ではなく、自動にこだわられる場合は、サーバーを変更することも1つの案といえます。

以下事項をご参考に下さい。
  • サーバーによってはあらかじめGDがインストールされている場合もあります。
    (この場合はGDのインストール作業は必要なく、スクリプトの設置のみでお使い頂けます。)
  • サーバー管理者に問い合わせをして、サーバーにGDをインストールして頂くことも1つの方法です。
  • TELNET(SSH)が使えても、コンパイル時にシンタックスエラーが出る場合は、サーバーのコンパイルに関する各バージョンが合っていない場合があります。この場合はサーバー管理者様へお問い合わせ下さい。





Perl Deco Copyright © 2018 PERL DECO. All Rights Reserved.
お問い合わせはこちら